6塾合同道コン。新たな一歩。

わたしのシゴト
スポンサーリンク

特別な日。

11月23日土曜日。

今日は私の塾、そして会を増すごとに勢いを増す熟長会にとって、特別な日でした。

創成高校にて。

6塾合同で。

中3の北海道学力コンクールを行うという、スペシャルイベントを実施しました。

どんな日?

ずっとずっと、公表したかったのですが。

道コン事務局の公開会場との混同を避ける意味合いもあり、内部だけに「創成高校でやるよ!」と伝える、極秘ミッションとなっておりました。

イメージ

事の発端は、7月7日(日)の熟長会。
いつもの会合のあとの、某ススキノの懇親会からの、琴似の北大ファイブ村上先生のところへお邪魔することになり。

そこから「合同でイベントできたら、面白いですよね!」となり、思いの外始動が早く、7月中には熟長会FACEBOOK(非公開)で意見交換が行われ。

4ヶ月越しにようやく実現したのが、今回の『6塾合同 北海道学力コンクール』なのでした!

通称『合コン』。
ダメですよ、何でも略しちゃ(笑)。

開場。

話しは本日、11月23日土曜日に戻ります。

撮影時間、なんと朝の7時30分。
きっと、初めての会場だから早く来る生徒もいるかと思い、早めの入場。

会場のセッティングは滞りなく完了し。
予想通り、会場の8時30分に目掛けて集う、生徒たち。

やはり、違いますね。

初めての会場、慣れていない会場、見知らぬ生徒が集まる会場。
自然と漂う緊張感、何も言わなくとも参考書を開いて試験を待ち受ける生徒たち。

「一つのミスも許されない。」

何度もやってきた道コンなのに、なぜかドキドキする私。

試験開始。

今回は、公立高校入試とまったく同じスケジュールを組んでおり。
答案回収もすべて教師が行う、本格仕様。
受験票を用意し、男女で部屋を分けて試験を行いました。

あいさつ・諸注意の説明が済んで迎えた、9時20分。
国語から試験がスタートします。

………

……

最後に、創成高校の崎田先生からお話しをいただき。
「伸びる生徒は、素直である」という激励の言葉に、熱心にうなずく生徒たち。その横で感動する、私。

あっという間でした。

教師6人の持ち回りで試験監督を行い、気づけばこんな時間に。

夕日が目に染みるぜ。

振り返って。

手前味噌ながら、貴重な経験を生徒にさせられたと思っています。

採点がすべて終わったのですが、実力を発揮できた生徒もいれば、緊張もあり不十分な結果に終わった生徒もおり。それもすべて、1ヶ月後の1月11日道コンや、入試に向けた勉強すべてに活きてくるはずです。

本番さながらの模擬試験。

準備も大変でしたし、受験した生徒たちはもっと大変だったかもしれません。
それでも、今まで実施したどんな模試よりも、価値あるものになったと自負しています。

週明けからの、生徒たちの頑張りが楽しみで仕方ありません。

大きな一歩。

夏に開催した、100ます計算甲子園。

百ます計算甲子園レポ!果たして結果は…?
2019年10月12日(土)、北大コーチ教室にて『百ます計算甲子園』本選を行いましたので、早速レポートします!朝10:00に集まる強者たち。約1ヶ月に渡って【10×10】の百ますを埋め続けてきた生徒たち。そう、今日は決戦の日。階段の掲示で、

そして今回の『6塾合同 北海道学力コンクール』は、熟長会にとって、それぞれの塾にとって、大きな一歩になったと思っています。

札幌エリート塾の高塚先生の「塾は、鎖国から開国へ」という言葉。
その言葉の通りに、一歩、また一歩と歩みが進んでいます。

さらに明日、第4回熟長会が開催されます。

朝10時から、懇親会もいれると夜21時までの、なかなかのスケジュール。
事前の資料からしても、踏み込んだ内容、充実した内容となることは間違いありません。

この熱量をまた、生徒に還元したい。

そう思いながら、ブログも書いたしハイボールも飲み干したので、寝ることにします。

6塾合同北海道学力コンクール | ここにいるよ

早速、鷹取先生もブログを更新していたので、リンクを貼っておきます。仕事が速い。

コメント